消費者金融の金利は高い

最短即日でお金を貸してくれる消費者金融は、緊急でお金が必要になった人の助け舟としてよく利用されています。アコムなどの大手なら利用者数は軽く100万人を超えますし、自分の住んでいる街でも頻繁に消費者金融の契約機を見かけるはずです。TVCMもよくみかけますし、一般に消費者金融の存在は深く浸透しています。
しかし、消費者金融が良く利用されている一方で、金利が高いという批判もあります。消費者金融の金利を見ると、例えばアコムでは3.0%~18.0%、プロミスなら4.5%~17.8%と、幅があります。

 

消費者金融の金利負担

 

最低金利と最高金利

キャッシングの金利には上限金利があり、それを超える金利での貸付けは法律によって禁止されています。10万円未満の借入れなら上限20.0%、10万円以上100万円未満なら上限金利18.0%、100万円以上の借入なら上限金利15.0%となります。

 

アコムの最高金利18.0%は、100万円未満の借入時の上限金利となります。そして、実際に適用される金利は、最高金利であるケースが多いです。アコムなら18.0%、プロミスなら17.8%の金利でキャッシングを行う人が多いです。

 

消費者金融の金利が高いのは、最高金利が適用される人が多い為です。そして、最高金利は法律で決められた上限金利ギリギリの金利設定と同じです。

 

最高金利以外で借りる人

最高金利の18.0%以外の金利で借りる最も確実な方法、それは100万円以上の限度額で契約する方法です。限度額100万円以上のキャッシングであれば、上限金利は15.0%となります。必然的に18.0%の金利は適用されません。

 

問題なのは限度額であって、実際の借入額ではありません。限度額100万円のカードを発行して、実際には必要な分だけキャッシングをしてもよいのです。

 

また、優良顧客として借入れや返済を繰り返していると、金利を下げてくれるケースもあるようです。ただし、初めてのキャッシングで、数十万円の限度額であれば、やはり最初は高金利からのスタートとなります。

 

大手有名消費者金融のプロミスでのキャッシング利用であっても同様で、初回に関してはプロミスが定める条件金利となる実質年率の17.8%での契約となる場合が多いです。17.8%となると金利は高くなってしまいますが、一定期間の利用実績によって金利の引き下げは可能です。

 

プロミスの場合には限度額の増額によって金利が下がるケースがあり、増額や金利の引き下げは電話で問い合わせるほかにプロミス藤沢の契約機でも手続きが行えるので、限度額の増額を希望される方は一度足を運んでみると良いでしょう。

 

もちろんその他の地域の店舗や契約機での相談や手続きも行えるため、金利を引き下げたいと考えるなら半年以上程度の利用実績を持った上で相談を進めてください。

 

金利が高い程利息は高い

キャッシングで借りたお金には利息がつきます。金利が高い程利息は高くなります。金利の高い消費者金融では、何も考えずにお金を借りると利息が高くついてしまいます。

 

例えばアコムで10万円借りて、毎月1万円返済したとします。金利18.0%なら、11回払えば完済で、最後の月の返済額は9,158円となります。支払総額は109,158円です。

 

もしも金利15.0%だとすると、同じく11回払えば完済で、最後の月の返済額は7,497円で済みます。支払総額は107,497円となり、少しお得になります。

 

ところで、10万円借りて1年で返済すると、金利18.0%ならば利息は18,000円取られるような感覚でいるかもしれませんが、実際にはそれ程取られていません。これは、消費者金融の利息の算出方法に関係があります。

 

利息は借りている分だけ

消費者金融の利息は、借入残高に対してのみ、それも借りている日数分日割りで請求されます。1円も借りていなければ一切利息はかかりませんし、借入をしても借入残高が減っていけば、かかる利息も少なくなっていきます。

 

借りている日数分しか利息がかからないので、お金を借りて数日で完済してしまえば、利息はほとんどかかりません。年利18.0%なので、365日の日割りで計算すると、1日当たり0.049%しかかかりません。1万円借りたとしても1日でかかる利息はわずか27円です。

 

即完済をしないとしても、借りたお金を毎月順当に返済していけば、毎月かかる利息も段々と減っていきます。

 

消費者金融でお金を借りても、きちんと返済を続けていけば、利息はそれ程かかりません。大手消費者金融の中には、初回は30日間無利息でお金を借りられる所もあります。アコムやプロミスもそうですが、無利息期間の間にお金を借りて、そのまま全て完済する人もいます。

 

無利息期間を経過した場合には金利負担が大きくなってしまいますが、その場合には低い金利への借り換えが有効となります。借り換え先としては銀行のカードローンが優れており、特に人気が高い借り換えローンのオリックス銀行カードローンなら毎月の金利負担も、最終的な返済負担も軽減できるようになります。

 

高い利息を支払いを続けても何らメリットは無いので、なるべくなら高い金利からの高負担な利息を軽減できるような借り方、カードローンの利用の仕方を考えてみると良いでしょう。