高い利息を払い続けるパターン

消費者金融は便利ですが、金利が高いというデメリットがあります。その代り、借入残高に対しての日割りで利息が発生するので、借入期間を短くするか、順当に返済を続けていけば、言うほど利息はかかりません。

 

しかし、消費者金融にリスクがあるのは本当の話で、高額な利息を払い続けている人もいます。消費者金融を利用するなら、利息が高くつくケースを知っておいた方が計画的に使おうという気持ちで利用出来るでしょう。

 

消費者金融の利息は、借入残高に対して算出されます。つまり、借入残高が多い程、利息をたくさん取られます。借入が10万円程度であれば金利18.0%でも月にかかる利息は1,500円程度です。しかし、限度額いっぱいまで借りてしまった場合、毎月かかる利息も大きくなります。

 

例えば限度額50万円のキャッシングで50万円いっぱいまで借りた場合、1カ月でかかる利息は7,500円です。例えば1万円返済したとしても、借入残高は2,500円しか減りません。限度額いっぱいまで借りると、利息の支払いの負担が大きくなるので注意が必要です。

 

消費者金融で損をする人は、頻繁に借入れを繰り返します。借入をすれば借入残高が増えてしまうので、かかる利息が減っていきません。消費者金融で損をしないためには、借入残高が増えないよう心がけるのが大切です。

 

借入れが多くなってしまった場合

ついつい利用をしてしまい、借入れの残高が増えてしまった場合には完済を目指した返済を進めるようにしましょう。完済を目指すためには金利負担を減らすのが手っ取り早いので、低金利で借りられるカードローンを利用し、高金利からの乗り換えである借り換えローンの利用を考えるべきです。

 

借り換え先で主となるのは銀行のカードローンで、中でも注目をしたいのが来店不要のオリックス銀行カードローンです。口座開設も不要で手続きが進められ、自宅にいながらして契約が行えるために手間がかかりません。

 

また、毎月の返済も借入残高が30万円以下なら7,000円ずつと余裕が持てるようになるので、今現在の利用先と比べても返済の負担が減らせる可能性が高くなります。